【大麻に関する法律の疑問】大麻取締法と刑罰について

日本の大麻に関する法律

「大麻取締法」

「大麻取締法」とは、大麻の所持・栽培・譲渡・譲受に関する法律です。
 第1条において、この法律における「大麻」とは、「大麻草及びその製品であり、樹脂はこれに含まれ、成熟した茎と種子及びその製品が除外されること」とされています。(参照:大麻取締法
 大麻は「使用」に関しては法律違反になりません。
 日本で衣料や七味唐辛子・麻縄などとして長い間使用されているので、線引きが難しいところがあるからです。ヘンプオイルやヘンプシードなど食事に使用される事もあるほか、衣類などに使用されているということは、制作過程で関わる人が微量の大麻を「吸い込んでいる」可能性もあります。
 このことから、尿検査などで反応が出てしまったからといって逮捕されるわけではないというのが、この法律の勘違いされやすいところです。

具体的な刑罰

 大麻取締法違反の刑罰の目安ですが、大麻の所持・譲受・譲渡で5年以下の懲役、栽培・輸出・輸入で7年以下の懲役とされています。
 営利目的になると罪は重くなり、所持・譲受・譲渡の場合7年以下と200万円以下の罰金の可能性、栽培・輸出・輸入で10年以下の懲役と300万円以下の罰金の可能性があります。

2 営利の目的で前項の罪を犯した者は、七年以下の懲役に処し、又は情状により七年以下の懲役及び二百万円以下の罰金に処する。   (引用:大麻取締法
第二十四条 大麻を、みだりに、栽培し、本邦若しくは外国に輸入し、又は本邦若しくは外国から輸出した者は、七年以下の懲役に処する。   2 営利の目的で前項の罪を犯した者は、十年以下の懲役に処し、又は情状により十年以下の懲役及び三百万円以下の罰金に処する。   (引用:大麻取締法

ただし、実刑が3年以下の懲役もしくは禁錮・50万円以下の罰金のケースには執行猶予がつくことも。

海外での大麻利用に関して

 海外で大麻を利用するのなら問題ないのではないか?と思うかもしれませんが、そんなことはありません。外務省では以下のように述べています。

【大麻(マリファナ)が合法の国であっても、日本で罪に問われることがあります】

 大麻が合法化されている国でも、年齢や所持数量の制限が設けられていたり、免許を受けた販売業者から購入することが義務づけられていたり、国外への持ち出しが厳しく規制されていたりする場合があります。そのような規制に違反した場合には、その国の法律に基づき罰せられるおそれがあります。
 また、日本の大麻取締法は、国外において大麻をみだりに、栽培したり、所持したり、譲り受けたり、譲り渡したりした場合などに罰する規定があり、罪に問われる場合があります。
 (出典:外務省海外安全ホームページ
 海外では日本とは認識、価値観の違いや合法な国もあり、外を歩いているだけで大麻の香りがしたり、簡単に購入・使用することができることがありますが、だからといって軽い気持ちで手を出してトラブルに巻き込まれない可能性はゼロではありません。
 大麻はクッキーやチョコレートなどに入れて販売されることもありますので、間違って日本に持ち込まないようくれぐれも気をつけてください。

|大麻も合法な部位がある

 大麻取締法にもあるように、麻の穂、葉、根の所持や加工は禁止されていますが、成熟した茎と種子は合法です。
 これまで大麻の罪についてお話ししましたが、国内外で産業・食品などで大きく活躍。そして不調の改善として最近はCBD(カンナビジオール)も注目されています。

麻の産業利用

大麻の茎は紙・織物・ロープ・プラスチックや糸などで利用されていますし、穂は神社での伝統的な儀式で古くから馴染みのあるものです。

麻を素材とした衣類は通気性が良く、湿気を吸い取ってくれるので夏に着用するのにメリットがあります。洗濯乾燥時は色移りや縮みなどのデメリットもあり扱いには気をつけないといけませんが、そう聞くと高級感さえ感じる素材です。

麻のロープも、紫外線に強い・静電気を抑える・すべりにくい・吸水性が高いなどの良いところがあり、さらに天然素材なので環境に良いというメリットも。

実は私たちの生活を支えてくれる大麻です。

麻の実は健康食品

 麻の実はスーパーフードでもありたんぱく質が非常に豊富な健康食品。
必須アミノ酸やミネラルなど、まるでサプリメントのように栄養が補給できる食品です。 ヘンプシードやオイル・プロテインなどで購入できるほか、簡単に料理へ加えることができます。不調を改善してくれるCBD(カンナビジオール)
 最近ではCBD(カンナビジオール)という成分が注目されています。
 CBDとは大麻に含まれる成分で、いわゆる”ハイ”になるTHCとは違う成分。日本では主に睡眠障害・慢性痛・ストレス緩和などで使用する人が多いです。
 最近は原宿でもCBDを主に扱うカフェがオープンしました。日本でも少しずつ麻に対する偏見も見直されつつあり時代の変革期の1つの出来事として、これからさらに注目が集まって行くと言えるでしょう。

まとめ

 大麻は学校で危険な薬物として特別授業を受けることもあるほど危険なイメージがあり、実際に取り扱いによっては人生を壊してしまうこともあるでしょう。
 しかし、日本の伝統文化の中に根強く存在し、特に海外で健康食品として取り入れられているのが本当の大麻です。
 今後研究がさらに進んでいく中で、皆さんも知識として大麻について学んでみてはいかがでしょうか。

合わせて読みたい記事はこちら↓

アーカイブ